.募集内容

  • 口頭発表:1件18分以内(発表15分、質疑3分の予定)(件数により変更の可能性もあります。)

    ※使用可能機器:液晶プロジェクター

    ※データはUSBメモリに記録してご持参下さい。

(2) ポスター発表:ポスターパネルは、A0サイズ(841mm×1189mm)です。

   ※発表内容に関する解説の時間を設けます(各日13:00~14:00の予定)。

 

Ⅱ.申込み方法

 研究発表の申込みの締め切りは、2月28日(水)です。

ウェブページから申込みが困難な場合には、個別に第35回大会事務局に連絡いただければ対応させていただきます。発表の採否は、3月末頃に通知致します。

 なお、発表要旨原稿(A4版・2頁)の提出締め切りは4月27日(金)必着です。

 こちらからお申し込みください。申し込みページへ

 

Ⅲ.注意事項(よくお読み願います)

  • 発表区分 学会は文化財に関する年代測定、古環境、材質・技法、産地、保存科学、文化財科学一般、探査、文化財防災における人文科学と自然科学の学術的研究を目的としています。

この趣旨に沿った分野における研究発表の申込みをお願い致します。

※なお、申込み件数やプログラムの都合によりポスター発表のみとさせていただく場合もあります。

(2) 発表資格 登壇者あるいはポスター説明者は当日に参加できる本学会会員に限ります。また、2018年3月31日(土)時点で、2018年度分の会費が納入済みの会員であることが条件です。連名の場合は、代表者、登壇者あるいはポスター説明者が2018年3月31 日(土)の時点で2018年度分の会費が納入済みの会員であることが条件です。

(3) 研究発表 本大会は口頭発表会場が2会場となりますので、発表件数は50件ほどになります。口頭発表の申込み件数が多数の場合、ポスター発表に変更していただく場合がありますので、あらかじめご承知下さい。なお、他学会等で発表済みの研究または同じグループによる類似内容の発表はお控え下さい。

(4) 発表形態 海外の方の口頭発表、ポスター発表では英語の使用も可能です。ただし、口頭発表の場合は、日本語通訳をご同伴下さい。

(5) 費用負担 研究発表のための資料作成費および旅費は各自負担です。

(6) 学会誌への投稿 発表内容は学会誌『考古学と自然科学』への投稿を依頼する場合があります。

© 2017 Your Company. All Rights Reserved. Designed By Enginetemplates.com
Free Joomla! templates by Engine Templates